World Cosplay Summit
By World Cosplay Summit Follow | Public

The "World Cosplay Summit (WCS)" was created to promote international exchange through the Japanese youth culture of manga and anime.
The free and dynamic nature of manga was instrumental in the birth of cosplay. Nowadays youth from around the world find this as a common language and a dynamic new form of global interaction. The World Cosplay Summit began in Osu, Nagoya and has grown to include 30 countries and regions from around the world. If you count audience and participants at each preliminary event, the number of people involved is now in the 100s of thousands.

「世界コスプレサミット (WCS)」は日本の「漫画・アニメ」を介して「日本発の若者文化による国際交流の創造」に寄与することを目的としています。
今や世界の共通語となった日本の文化「MANGA」と若者の自由な想像力によって生み出された「コスプレ」は世界の若者の共感をよび、新しい国際交流の形として広く浸透しています。名古屋大須からスタートした本イベントも世界中から30ヵ国・地域が参加し、各国の予選も含めれば数百万人の動員を誇るイベントへと成長を遂げました。